電話
 

永代供養とは

永代供養(えいたいくよう)とは、お墓参りをしてくれる家族や継承者がいない、またはお墓参りに行けない方に代わって、寺院や霊園がご供養、管理をしてくれる埋葬方法のことを言います。
将来ご自身のご供養のされ方にご不安を持たれる方、子供に心配や負担を掛けたくない方、遠方からご遺骨を移したい方、無縁墓にならないで安心できるお墓や霊園をお探しの方など、様々なご事情に対応するために永代供養があります。
費用は各施設ごとにまったく異なり、1霊につき3万円前後から300万円前後までと大きく開きがあるようです。もちろん金額が高ければ高いほど良いというわけではありません。その地域の相場もありますし、実際に何カ所も見学された方が、100万円の施設より50万円の施設のほうが、設備も管理も遙かに良かったという話を聞いたことがあります。費用だけでなく、納骨後の供養等内容をきちんと確認して比較検討するとよいでしょう。
永代供養の施設等に預ければ良いわけではありません。施設に全て任さず、あくまでも預けたご本人や親族の方々が、責任を持ってお墓参りやご供養を欠かさないよう心掛けることも大切です。
なお、使用規則や契約書がない施設は、後々トラブルの元になることがあります。パンフレットやホームページだけでは、分からないこともたくさんあります。20万円と書いてあったのに、葬儀のやり直しと戒名の変更のほか、檀家への加入が必須で、実際には65万円になってしまったので、断ったと話していた方もいらっしゃいました。詳細な使用規約をよく読み、きちんと説明をうけたうえで書類を確認して契約しましょう。

このような方にオススメです

・特定のお寺とお付き合いがない方
・自分が亡くなった後、墓守をしてくれる人がいない方
・現在のお墓の墓じまいを検討している方
・お墓にあまり費用をかけられない方
・掃除や供養を含めた管理をお願いしたい方
・生前に自分の納得いくお墓を用意しておきたい方
・後継者がいないため、生前にお墓を決めておきたい方


ページ
TOP